1万人に6人がかかる妊娠時の神経管閉鎖障害とは?

ninpu09

1万人に6人がかかる妊娠時の障害で、神経管閉鎖障害
というものがあるそうです。

実は私も最近知ったんですけど、神経管とか閉鎖障害とか、
よくわからない単語が多かったので、ネットで調べていたら、
この記事が一番詳しかったです。
プレママが妊娠発覚までに体で起きていることと神経管閉鎖障害について

この記事、人の主要な神経が集まる中枢神経の生成過程を
胎児のときから順序立てて説明している記事なんですけど、
この成長過程を見ていくと、障害の内容がわかりやすいかと。

詳しくは元記事の方を見てもらうとして、かいつまんで書くと、
まず神経管というのは脳や脊髄ができる前段階のものを
そう呼ぶようです。

で、その神経管っていうのは、最初板状になっているものが
クルッとくっついて管状になるんだけど、それがうまくくっつききらない
というのが閉鎖障害、ということみたいですよ。

神経管がちゃんとくっつかないと何が起きるかというと、
脳や神経がむき出しになってしまうみたいですね。

ここまできてやっと、神経管閉鎖障害という障害の深刻さが
私も理解できました。さすがに怖すぎですね。